お腹の中がスッキリしない悩み・・・

98765

お腹がスッキリしない、食後に便意が起こる、おならが出やすい、

お腹が張るなど、おなかの悩みをお持ちではありませんか?

これらの原因は便秘が原因とよく言われます。

でも、もしかすると病気の可能性もあります。

 

 

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に特に異常が見つからないのに、

便通の異常と腹部のスッキリしない症状が続く病気のことです。

 

過敏性腸症候群の症状としては、

  • 腹痛
  • 腹部不快感
  • お腹の張り
  • お腹が鳴る
  • ガス過多
  • おならが出やすい
  • 下痢
  • 便秘
  • 腹痛

などです。

 

もしこのような症状が出ているなら、過敏性腸症候群の

可能性があります。

 

過敏性腸症候群の原因

腸の運動機能や分泌機能が亢進していることで、

下痢や便秘などがおこると言われています。

 

また、腸がひろがる刺激に対して非常に過敏になっているので

通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じて

しまうことも。

 

肉体的な疲労や不安・緊張、ストレスなども影響します。

 

過敏性腸症候群の対策

過敏性腸症候群の治し方ですが、具体的には

  • 生活習慣を改善
  • 食事の内容を見直す
  • 消化管の運動機能を調整する(薬)

が主なようです。

 

生活習慣を改善

不規則な生活は体のリズムを損ないます。

規則正しい時間に起床し、決まった時間に食事を取ること。

それにより、排便も決まったリズムになってきます。

夜もリラックスし、十分に睡眠を取りましょう。

 

食事内容の改善

腸をある程度休ませることも大事です。

夜遅い時間に食べることを控えましょう。

脂肪分の多い食品や、刺激物なども減らすにしましょう。

炭酸飲料やアルコールなどは、下痢症の方は控えてください。

 

整腸剤や乳酸菌の摂取

過敏性腸症候群の対策としては、整腸剤が効果あります。

整腸剤で、腸内環境を整え、症状が改善していくでしょう。

乳酸菌や食物繊維なども非常に効果合があります。

冷たいものや、辛いもの、カフェイン、アルコール、などは控えましょう。

 

ただし、症状が長引くようなら病院で診てもらうことも大切ですよ!

 

 

 


PAGE TOP