シミにびっくりした時 シミの原因、種類、対策は?

お肌に出て嫌な物の一つがシミです。シミには様々な種類のものがあります。

その多くは年齢肌に出てくるようです。

今回はその、シミについて調べてみました。

 

シミはなぜ出てくるのか?

ファンデーションで隠していたつもりでも、なかなか隠れてくない

お肌にとっての大敵が「シミ」です。

お化粧を落とした自分の顔を鏡で見て、ショック!

なんてことありませんか???

シミって本当に嫌ですよね。

では、なぜ年齢を重ねるとシミが増えるんでしょう?

シミとは主に、お肌に存在するメラニン色素という物質が、

紫外線を受けて表皮に黒く残ってしまっている状態です。

お肌は年齢を重ねると抵抗力を失っていきます。

そうすると、傷つきやすくなっていくんですね。

紫外線は、どんなに気を付けても

全ての紫外線を防ぐ事は不可能なんです。

 

シミの種類

シミには種類がいくつもあります。

まずは、シミのできる原因を調べてみましょう。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、ニキビや怪我、肌荒れなどの炎症が

落ち着いた後にできやすい茶褐色のシミです。

通常、炎症をした部位が治れば自然と消えますが、同じ場所に何度も

できてしまうとそのまま定着してシミになる場合も。

炎症性色素沈着は、比較的、美白化粧品などでケアできるシミです。

おすすめの化粧品はこれです

 

老人性色素斑

楕円形の茶褐色をしているシミです。「日光黒子」とも呼ばれます。

紫外線が原因でできたシミになります。

日焼けをして過剰に生成したメラニンや肌のターンオーバーの乱れによって肌に現れます。

老人性色素斑の特徴は、すぐに現れないこと。

若いときに日焼けをしすぎた結果、年を経るごとにシミが目立つなんてことも・・・

この老人性色素斑は、セルフケアでは簡単になくすことが難しいシミです。

予防をしっかりしましょう。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬や目の周り、額などに左右対称にできるシミです。

肝斑ができる原因は、はっきりとわかっていないようです。

ただ、妊娠中にできやすい、男性には発症しないなどから、

女性ホルモンが関係しているのではと考えられています。

肝斑は、レーザー治療の他に、トラネキサム酸を含んだ内服薬、

美白成分を含んだ化粧品を使うのが良いといわれています。

 

シミを防ぐ方法

では、シミを防ぐとしたら何があると思いますか?

まず、浴びてしまった紫外線がシミになる前に、

お肌のメラニン黒色化を防ぐビタミンCを摂取しましょう。

 

また、肌の水分量が不足すると、シミの原因となる

メラニンの黒色化が進んでいってしまいます。

乾燥肌はダメってことですね。

たっぷりの水分を補給して、お肌のターンオーバー機能を

サポートしてあげることも重要です。

 

お肌の抵抗力を弱めてしまう原因としては年齢以外に、

喫煙や睡眠不足、食生活の偏り等が挙げられます。

規則正しい生活も重要ですね。

 

このようなシミの原因を、少しづつでも取り除いていく必要があります。

できてしまったシミを改善するには大きな労力が必要ですが、

シミができてしまう前にケアをしてあげれば、未然に防ぐことが出来るのです。

具体的に日々できる方法としては、日焼け止めや日傘を使用したりして

紫外線を浴びないようにすることです。

紫外線はシミの直接的な原因となるので、

できるだけ紫外線を浴びないように日ごろから気をつけましょう!

シミ対策サプリならコレ!

シミ対策化粧品ならこれ!

 


PAGE TOP