ストレッチが疲労回復に効果がある理由

良く寝てるのに、昼間眠くてだるい・・・

体を動かしていないのに、日中疲れ他感じがする。

昼間眠すぎるのは疲労が原因かも?

ストレッチで疲労回復してみませんか?

疲れと自律神経の関係性

疲労感を左右しているのは自律神経と言われています。

自律神経は、副交感神経と交感神経の2つがあり、

交互にバランスをとりながら、生活リズムを整えてくています。

この2つの神経がうまくバランスをとることで疲れやストレスを緩和してくれてるんですね。

朝は、交感神経が優位になり、目覚めて活動開始の態勢が作られます。

夜は、副交感神経が高くなってくるので、体は休みモードへ入っていきます。

しかしながら、体は休みモードに入ろうとしているのに、

テレビやスマホを見ていると交感神経が優位になってしまいます。

そのため、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が低下したりして、

疲れがとれにくい状態になってしまうのです。

また、ストレスによっても自律神経は大きく乱れます。

日中、イライラしたり、興奮したり、緊張したりすると、

交感神経が高ぶってしまい夜になっても落ち着かず、眠れなくなってしまうこともあります。

自律神経の乱れは疲労に直結しているんですね。まずは、自律神経の乱れを調整しましょう。

疲れをとるには体を動かそう!

ほとんど体を動かしていないのに、肩凝り、腰痛、脚も重く、疲れを感じていませんか?

実は、体は動かしていないのに、疲れてしまうんです。

「凝り」といわれる「肩こり」や「首のこり」こりは同じ姿勢を続けたときにおこります。

確かに、在宅などで体を動かさないでいると、体が凝ってしまいますよね。

体はこのように、動かさなくても疲れる(静的疲労)

動かしても疲れる(動的疲労)わけです。

長時間同じ姿勢を続けると、筋肉が硬くこわばり血行が悪化します。

一日中デスクワークで体をほとんど動かしてない場合は、

筋トレやストレッチなどで、軽く体動かして、血行を促しましょう。

筋肉痛などに飲んで効くサプリです

トンデケア

疲れをとるストレッチ

では、疲れをとるためのストレッチをしてみましょう。

できれば、お風呂にゆっくり入り、体を温めてからストレッチをするほうが効果的です。

寝る前の軽いストレッチは、体の疲れを癒し、寝つきもよくなります。

下の動画を参考にゆったりストレッチしてみてください。

これで運動も結構楽しくできますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト