スロートレーニングで筋肥大をしよう!

石井直方先生が広めた『スロートレーニング』

ゆっくり行う

これを意識したトレーニングです。

その効果は非常に高いのに、初心者でも簡単にできるので大人気。

そんな「スロートレーニング」も基礎を知るとさらに効果が高くなるようです。




スロートレーニングの基礎を学ぶには

「スロートレーニング」が効果が高い理由は、筋緊張時間の持続です。

ゆっくりと筋肉を鍛えることで、筋緊張時間が伸びます。

筋緊張時間が伸びると、筋肉は酸素不足になり、

酸素を必要としない速筋も参加するようになります。

だから、速筋の肥大も可能なんですね。

 

理屈ではわかるんですが、方法はしっかり基礎を学んだ方がいいです。

独学でやってしまっては効果が出ない場合もあるみたいです。

私は、最初、この本で学びました。

「体脂肪を減らす、筋肉をつける スロー&クイックトレーニング新版(DVD付)」

図解で分かりやすく説明してくれてますので、理解しやすかったです。

各々、合うものがあると思うので、いろいろ探してみてください。

 

後は動画も探せば結構あります。

下記の運動は毎日してますよ。

後は、休みにスローウォーキングもしています。

やるとわかりますが、かなり効果が高いです。

体に負担もかかりにくく、個人的には痩せてきています!!

ちょっと服がスカスカになってくると谷しくなってきますね。

 

ただ、「スローウォーキング」では、瞬発力はつかないので

たまにちゃんと走ることも必要ですよ。

毎日、少しでもいいですからやってみましょう!


PAGE TOP