【ゴルフ】ピン G710 アイアン 試打してきました!

久しぶりに試打いってきました。

たまに行くと思い出すまでに時間かかりますね(笑)

今回は、「ピン G710 7番アイアン」を振ってみました。

 

 

ピン G710 アイアン

シャフトは N.S.PRO 950GH neo 

ロフトは28度、シャフトフレックスはS、クラブ総重量は407g 。

 

アイアンはメタル色が多いように感じるので、ピンの黒いアイアン

はなんとなく違和感がありました(笑)

 

でも、構えるとこれが結構かっこいいんですね。

 

ヘッドは大きいのですが軽いんです。

公式サイトを見てみると、中身は中空なんですね。

だから軽量化が図れてるんです。

 

 

ピン G410 プラス ドライバー 試し打ち

構えた印象

何度か素振りをしてみましたが、久しぶりにもかかわらず

何か非常にしっくり振れます。

これは思った以上に体が覚えているのでは・・・

そんな期待を膨らませながら打ってみました。

 

ボールに添えてみると意外にフェースが大きいなという印象。

私はそのほうが打ちやすいので好きですが個人差がありそうですね。

 

 

打感

打感はしっかりしてます。バチッ!という感じというんでしょうか。

まあ、久々過ぎてなかなか球に当たらない、当たっても頭を叩いて

コロコロころがってしまう、なんてことを何度か繰り返しましたが(笑)

売ってみた感じは、クセはなさそうなイメージです。

 

飛距離

安定性もあります。久々でもまっすぐ飛んでくれるので余計にそう感じます。

スイートスポットも広めで、ホント打ちやすい。

気持ちいいくらいまっすぐ飛んで行ってくれました。

 

総評

個人的にはかなり打ちやすいアイアンでした。

ピンシリーズはやっぱりいいですよね。

もう少し試打して、感覚が同じなら購入するつもりです。